10月4日(水)19時~トークライブ「いま、なぜ教養を身につけ、歴史を学ぶのか」を開催します。
いま私たちは、変化が激しく、将来の見通しが立ちにくい時代を生きています。これまで以上に学ぶこと、学び続けることが重要になったと言えます。 たとえば、書店には教養をテーマにした数多くの本が並んでおり、ちょっとした教養ブームです。
また、高校では「歴史総合」の授業が始まりました。従来の日本史や世界史ではなく、歴史を全体的な視点で俯瞰し、現代社会の諸問題に向き合うことが期待されています。
そこで、今回は二人のゲストをお招きし、エンターテイメントから学問までの様々なテーマを取り上げながら、知識を深め、広げていく方法について語り合います。
一人は、新著『教養としての教養』を出版したバラエティプロデューサーであり、文化資源学研究者の角田陽一郎さん。もう一人は、『岩波講座 世界歴史』の責任編集であり、歴史対話や歴史実践を提唱する高校教員の小川幸司先生です。

生徒の気づきと学びを最大化するPJ

詳しいプロフィールはこちら