文部科学省は3日、大学入試での不正対策などを盛り込んだ「大学入学者選抜実施要項」を公表した。1月の大学入学共通テストで受験生が試験中に問題を流出させた事件を受け、各大学などに巡視強化などを求めた。

来年の共通テストは、1月14、15日に本試験が行われる。受験生の新型コロナウイルス感染に配慮し、追試験は2週間後の28、29日に設定した。追試会場を全都道府県に設定するかは、秋ごろまでに決定する。

実施要項では、会場の巡視を強化し、受験生の手の位置や目線など注意するポイントを監督者に周知するよう要望。不正発覚時には警察へ被害届を出す可能性があることを、受験生に伝えることも求めた。