文部科学省は28日、小学6年と中学3年を対象に4月に実施した2022年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。4年ぶりに実施された理科は、中学の全国平均正答率が前回(18年度)から約17ポイント減の49.7%と大幅に減少した。文科省は「実験方法に関する問題で、計画が適切かどうか検討する過程に課題が見られた」としている。

 テストには全国国公私立の約2万9000校から、約191万人の児童生徒が参加。国公立の参加率は小中いずれも95%を超える一方、私立は小学校50.8%、中学43.7%だった。

 全国の平均正答率は、小学校では国語65.8%(前回64.9%)、算数63.3%(同70.3%)、理科63.4%(同60.4%)、中学校は国語69.3%(同64.9%)、数学52.0%(同57.5%)、理科49.7%(同66.5%)。