北海道旭川市で昨年3月、いじめを受けていた中学2年の広瀬爽彩さん=当時(14)=が凍死した状態で見つかった問題で、黒蕨真一教育長は20日、広瀬さんの死亡は「自殺と考えられる」とした第三者委員会の調査報告書の内容を市議会で公表した。いじめがどの程度影響したかは不明とし、因果関係については明示されなかった。

遺族側は調査が不十分だと訴えており、今津寛介市長は市長直属の第三者委を立ち上げ、再調査する方針を示した。

報告書は、当時の学校や市教育委員会の対応について、「法やガイドラインなどへの基礎的な理解を欠いていた」と批判。「いじめの事実に真摯(しんし)に向き合い、適切な支援をしていれば、生徒が極端な選択をしない結果もあったのでは」と言及した。

第三者委は4月に公表した中間報告で、広瀬さんが生徒7人から性的な動画を要求されるなど、6項目のいじめを受けていたと認定した。今月7日には最終報告書案を遺族側に提示していた。