日本人2人目のノーベル賞受賞者、朝永振一郎博士の功績を記念し、優れた科学実験や自然観察を行った児童生徒を表彰する第17回「科学の芽」賞(筑波大主催、時事通信社など後援)の審査結果が24日発表された。応募総数は2328件(団体応募含む)で、小学生部門9件、中学生部門7件、高校生部門1件が選ばれた。表彰式は12月17日。受賞者は次の通り。

【小学生部門】秋山ラン(東京・筑波大付属)▽橋本類(京都・洛南高付属)▽長井丈(神戸市立井吹東)▽土倉歩美(東京・筑波大付属)▽山本凜(同)▽板垣礼子(新潟大付属長岡)▽矢野心乃香(大阪教育大付属天王寺)▽佐藤迪洋、佐藤知海(静岡・磐田市立磐田西)▽中元晃太朗(熊本大付属)

【中学生部門】小山侑己(茨城・つくば市立竹園東)▽丸山紗楽(東京・筑波大付属)▽黒木秋聖(兵庫・関西学院中学部)▽井上善超(茨城・つくば市立手代木)▽坂崎希実(岐阜・多治見市立小泉)▽大橋柚佳(静岡大付属浜松)▽三宅遼空(同)

【高校生部門】黒杭功祐(栃木・白鴎大足利)。