大学入試センターは18日、大学入学共通テスト(14、15日実施)の平均点の中間集計を公表した。政治・経済や生物など4科目で、前身の大学入試センター試験を含めて過去最低点を下回った。生物は得点調整が行われる可能性があり、20日の判定委員会で決定する。

入試センターは、採点が終わった受験生約22万人分を集計。平均点は世界史A(37.78点)、政治・経済(52.39点)、物理基礎(29.37点)、生物(40.55点)でセンター試験を含め過去最低となった。英語のリーディングは、共通テストとなってから最も低い55.07点だった。

主要科目では200点満点の国語が105.17点。100点満点の数学I・Aは58.08点、数学II・Bが64.86点、英語のリスニングは63.04点だった。

得点調整は、科目間で20点以上の平均点差が生じた場合に行われる。今回は理科(2)の生物と物理で約24点差となり、実施される可能性がある。