三菱電機は31日、製造現場で人が作業する様子を数分で分析できる人工知能(AI)を展示会で披露した。従来必要だった作業の善しあしなどを人の手で分析した「教師データ」の作成が要らず、分析にかかる時間を最大99%削減できるという。2025年度以降の製品化を目指す。