宮城県教育委員会は2日、県立高校に勤務していた30代女性教諭が2020年10月、上司の男性教諭(59)にパワハラを受けたことで自殺していたと発表した。県教委は男性教諭を2日付で停職3カ月の処分にした。

県教委によると、男性教諭は20年6~10月、業務の進捗(しんちょく)について女性教諭を問い詰め、その後、非難する内容を含むメモや「会議に出ないでください」などと書かれた手紙を計十数回、女性教諭の机の上に置いた。校長から直接やりとりしないよう注意された後も、こうした行為を続けたという。

佐藤靖彦教育長は取材に、「ご遺族に心からおわび申し上げる。パワハラは決して許されない行為。個人間ではなく学校全体の問題として組織的に対応すべきだった」と述べた。