石川県輪島市教育委員会の小川正教育長は6日、能登半島地震で県南部の白山市内に集団避難していた輪島市立中2校の生徒19人について、両校が保護者の意向を十分に確認せず避難先施設から退所させていたとし、「痛恨の極みだ。大変申し訳ない」と謝罪した。

小川教育長などによると、19人は門前中と東陽中の生徒。学校再開を受け、両校の校長が保護者に電話で避難先施設からの退所を打診した際、施設にとどまる選択肢を示さなかった。一部の保護者から反発の声が上がったが、19人は4日、市が用意したバスなどで輪島市に戻ったという。

小川教育長は「面談で要望を聞き取り、希望があれば白山市の施設で学ぶことも可能だ」としている。