【ニューヨーク時事】米各地の大学でイスラエルによるパレスチナ自治区ガザ攻撃に抗議する学生デモが続く中、ニューヨーク市警の警官隊数百人が4月30日夜、重武装で名門コロンビア大のキャンパス内の建物に突入し、占拠していたデモ参加者を強制排除した。市警は1日、コロンビア大などで約300人を逮捕したと発表した。米メディアが報じた。

 コロンビア大では4月30日未明、デモ参加者の一部が「ハミルトンホール」と呼ばれる建物を占拠。この建物は、1968年にベトナム戦争などに反対する抗議活動が行われた象徴的な場所として知られる。

 事態を重く見た大学当局は、「大学に無関係の人々が主導している」として警察に介入を要請。警察官が建物の窓から次々と入り、学生らを拘束した。大学当局は警察に対し、少なくとも5月17日までキャンパス内で警戒に当たるよう求めている。