文部科学省は8日、教員になった大学院修了者を対象にした奨学金の返還免除制度について、30時間以上の教育実習を要件にする方針を固めた。教員不足解消の一環で、学校現場での実践経験があることを条件にした。

中央教育審議会(文科相の諮問機関)の部会は3月、教員養成に特化した教職大学院を修了した人を中心に、奨学金の返還を免除する制度案を提示。教職大学院以外の大学院修了者についても、学校などで実習を経験していることを条件に対象に含める方針を示しており、文科省が詳細な制度を検討していた。